ひまままま。

更新はきまぐれ。文章乱雑。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

儚いもの


私が桜を好む理由の一つに「儚さ」がある

最近、東方をやっているけど

数多くいる女の子の中で幽々子が好きなのも儚い存在であるから

儚さって、「別れ」という成分が含まれていると思うんだ

そう考えると、私は別れが好きなのかと自分に問うた

…そんなわけないじゃん



別れなんて辛くて悲しいだけ

でもさ

命に限りがあるのだから

誰にだって別れは存在する

その別れが納得できるものかどうかで変わる

…かな?と今考えた

いや、納得できても悲しいものは悲しいし、辛いものは辛いか

ならなんだ?

やっぱり別れが辛いことなんて当たり前

憎しみという感情が邪魔さえしなければね

結局は、別れというものは悲しいもの

受け入れられるかどうかだよね、うん




あーあ、まただよ

考えてもまとまらないんだ

これだから私は…

って卑下する癖も直したいね!


「自己評価が低いのが気になりますが…」

って実習指導者からのコメントもあったくらいだしね


これから少しずつでも変わっていけたらな
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<私でよければ… | ひまままま。 | 4月になりました>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ひまままま。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。